名古屋の介護・医療業界における労務管理の専門サイトです

「70歳雇用」の進め方について

「70歳雇用」の進め方について

改正された高年齢者雇用安定法が、2021年4月1日から施行され
企業は、65歳までの雇用確保措置を講じる義務に加えて
70歳までの就業確保措置を導入するよう努めることが必要となります。
 
高年齢者就業確保措置については、以下の選択肢が設けられています。

・70歳までの定年引き上げや、定年廃止、70歳までの継続雇用制度の導入
 といった、雇用による措置

・継続的に高年齢者と業務委託契約を締結する制度、
 継続的に高年齢者を社会貢献事業へ従事させる制度
 といった、雇用によらない措置(創業支援等措置)

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は
「70歳雇用推進マニュアル」を作成し、ホームページで公開しています。

4月1日施行の改正高年齢者雇用安定法の解説
「70歳雇用」を進めるに当たって必要な考え方・施策の解説
人事制度改定の具体的手順、先進企業の取組事例等を掲載しています。

https://www.jeed.go.jp/elderly/data/manual.html

70歳雇用推進マニュアル
https://www.jeed.go.jp/elderly/data/q2k4vk000000tf3f-att/q2k4vk000003n1kz.pdf

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional