新型コロナ関連の傷病手当金について

新型コロナに感染した場合や、感染したかどうかは分からないものの
疑われる症状が出た場合の傷病手当金の取扱いについてです。

自覚症状があるときには、傷病手当金の支給対象になり
自覚症状がないときには、PCR検査の結果、陽性になった場合のみ
傷病手当金の対象になります。

※自覚症状とは、風邪の症状や37.5℃以上の発熱のほか
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)です。

また、医療機関を受診できないときは
発病時の状況について記載することになりますので
状況をメモしておくことが重要です。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/kanagawa/cat080/crnshote/

介護・医療業界でお困りの方へ

電話
労務サポートセンター愛知では、
申請代行だけでなく
就業規則作成、給与計算、ハラスメント対応の面で
長時間労働、人材不足の問題解決のため支援を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × one =