電子帳簿保存法の改正について

電子帳簿保存法は
各税法で原則紙での保存が義務づけられている帳簿書類について
一定の要件を満たした上で
電磁的記録(電子データ)による保存を可能とすること
及び電子的に授受した取引情報の保存義務等を定めた法律です。

令和3年度税制改正において改正が行われ
令和4年1月から施行されることになっており
より利用しやすい制度になります。

<はじめませんか、帳簿書類の電子化!(令和3年11月版)>
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sonota/0018004-061_01.pdf

<はじめませんか、書類のスキャナ保存!(令和3年11月版)>
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sonota/0018004-061_02.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です