「70歳までの就業機会確保」についての対応

マイナビは「企業人材ニーズ調査2021年版」を発表しました。

2021年4月施行の改正高年齢者雇用安定法が努力義務とした
「70歳までの就業機会確保」についての対応を聞いたところ

「70歳までの継続雇用制度の導入」(24.2%、自社19.8%と他の事業主等4.4%の計)
「70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入」(17.3%)
「70歳までの定年引上げ」(11.9%)
「定年廃止」(5.6%)
「社会貢献事業に従事できる制度の導入」(4.1%)で
あわせて61.3%の企業が何らかの対応をしています。

「いずれの対応も行わない」は36.8%となっています。

https://career-research.mynavi.jp/reserch/20220113_21487/

介護・医療業界でお困りの方へ

電話
労務サポートセンター愛知では、
申請代行だけでなく
就業規則作成、給与計算、ハラスメント対応の面で
長時間労働、人材不足の問題解決のため支援を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five − five =